バックナンバー

RSS

ペーパーカードデザインコンペ2017審査員インタビュー、今回は建築家の長岡勉さん!
秘密基地のようなシェアスペース(オフィス)「ハーフハーフ」にお邪魔し、お話を伺いました。
かみの工作所製品「風海月(ゆらゆら)」「風海月(くるくる)」のデザイナーでもある長岡さん。
建築・インテリア領域とはまた違った「ペーパーカード」についてお話頂きました。

「ペーパーカード」についてどのようなイメージがありますか
カードをおくるという行為が普遍的なことだと改めて思います。誕生日やお祝い事でカードに何か一言書いたり、寄せ書きしたりってシンプルなことだけど気持ちがこもっていて、もらうとみんな単純に嬉しいじゃないですか。
その人の文字で直にもらう嬉しさって残るんですよね。
これからさらにメディアが発達していってもこのシンプルな行為は確実に残るものだろうなって思います。
pcc2017_nagaoka_itv01.jpg

応募作品にどんなことを期待しますか
カードをもらってメッセージを読むってすごくシンプルな行為ですよね。シンプルな事だけど、メッセージを読む瞬間ってわくわくする。
既存のペーパーカードも十分に好奇心を刺戟するエッセンスを持っていて、それが原点。でも既存のペーパーカードのフォーマットにとらわれる必要はないと思います。
既存のフォーマットを少し変えるだけで驚きや楽しさをデザインできる、そこに個人的に興味があって奥が深いなと思うところ。
ペーパーカードにまつわる既存の決まり事を飛び越えて可能性を広げてほしいですね。もらったとき直感的に相手を嬉しくさせるかがポイントだと思ってます。
pcc2017_nagaoka_itv02.jpg
応募者、これから応募を考えている方へ一言
自分がユーザーだったら、どういうカードを送られたら好奇心を刺激されるか?を考えてほしいと思います。
これは僕も常に思っていることでシンプルなんですけど、デザイナーとユーザー双方の立場で考える。送られた人がわくわくするものって送る人もわくわくするものだと思うんです。

(聴き手:ペーパーカードコンペ2017事務局)

3月22日(水)より銀座三越7階にて、かみの工作所フェアがスタートしました。
GINZA_MITSUKOSHI_01.png
GINZA_MITSUKOSHI_02.png
ちょっとしたお祝いや、贈り物をテーマにした
GIFTフェアーならではの紙製品を展示展開中です。

新入学の季節にぴったりな紙のゲーム「トータスメダル」や、
今の季節にぴったりな「1/100建築模型用添景セットNo.11お花見編」、
お花を飾っても使える「空気の器」など、贈るのが楽しくなるアイテムばかりです。

是非とも店頭でご覧下さいませ。

【開催概要】
会期:3月22日(水)-28日(火)
時間:10:30-20:00
場所:銀座三越 7階

3月17日(金)より、枚方T-SITE4階にある「毎日の暮らし市」にて
かみの工作所フェアーがスタートしました!

2016年のオープン時から8月まで開催したフェアにて展開した製品の中から
4月からの新生活にぴったりのアイテムをピックアップして販売中です!
hirakata_03.png
hirakata_02.png
hirakata_01.png

紙なのに自立して、インテリアやギフトラッピングとしても使える「空気の器」や
星空を届けることができる封筒「星空の封筒」。
神経衰弱と足し算を組み合わせた、知育ゲーム「トータスメダル」に
菱形のピースを組み合わせる事で数億通りの図柄を作って楽しめる
PAPER RHOMBUS PUZZLE」など、見て、ふれて、楽しめる製品を取り揃えました。


新しい生活を彩るアイテムを体験してみてください。

【開催概要】
会期:2017年3月17日(金)-4月13日(木)
時間:10:00-20:00
場所:枚方T-SITE 4階 毎日の暮らし市

3月18日(土)より開催される、日本郵便が贈る、手紙の祭典
春のメッセージフェスタ in THANKS KITTE 〜ありがとうを伝えよう〜」に
テラダモケイがワークショップ出展いたします。

昨年9月にも開催した「ParAvion よく飛ぶ紙飛行機便箋」ワークショップに加え
今回は「1/100建築模型用添景セットシリーズ」のワークショップも開催します。

新しい季節のはじまりに、大切なあの人に「ありがとう」をこめて
気持ちを贈ってみませんか?

【ワークショップ概要】

「桜とポストのある風景」と感謝の気持ちを送ろう。
MF2017_teradamokei_IMG.png

テラダモケイワークショップ用に、ぽすくまを収録した
メッセージフェスタオリジナル限定シートをつくりました。
1/100の世界で「桜とポストのある風景」を つくって送ってみましょう。

日時  :3月18日(土)  15:00-16:30
       19日(日)  11:00-12:30
       20日(月・祝)15:00-16:30
参加方法:現地にて先着順
参加費 :無料
定員  :各回30名


紙飛行機便箋に感謝の気持ちをのせて飛ばそう!
110403_kamikousaku-054.jpg

「よく飛ぶ紙飛行機便箋」は実際に飛ばす事ができる
紙飛行機のかたちをした便箋。
メッセージをしたためて、紙を折り込んで、紙飛行機をつくります。
完成した飛行機をポストへむけてとばしてみよう!

日時  :3月18日(土)-20日(月・祝)10:00-18:00(受付17:30まで)
参加費 :無料

3月18日(土)に品川シーズンテラスにて開催される「旅いく2017 キッズフェスタ」。
JTBがおくる「子こども向け体験型プログラム」を
一同に集め提供するスペシャルな一日です!
tabiiku_kidsfes.png

本イベントにて、昨年大好評だったテラダモケイWSを今年も開催します。
小さなキューブの中に自分だけの1/100のお花見を作りましょう!
teradamokei_WS_01.png
teradamokei_WS_03.png

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

【開催概要】
会期:3月18日(土)
時間:10:00-16:00
場所:品川シーズンテラス
材料費:1,000円(税込)
対象年齢:10歳〜
受付:随時開催  ※15:30最終受付
定員:20名   ※満席の場合お待ち頂く場合がございます。
詳細ページ:旅いく2017キッズフェスタ
※カッターを使用するため、未就学、小学校低学年の参加は保護者の同伴をおすすめいたします。

ペーパーカードデザインコンペ2017審査員インタビュー、第2弾はswitch designさん!
大畑友則さん、瀧ひろみさんによるデザインユニットでプロダクトデザインを主とした活動をされています。
製品デザインからアートディレクションまで、かみの工作所との付き合いは長く多岐に渡ります。
前回も審査員をされたお二人、どんなお話が聞けるでしょうか。

今回のテーマ「おくるをつくる」について
瀧さん:おくる=向こう側に誰かがいる感じがいいなぁと思います。
プレゼントを送るときにこうだったら嬉しいかな、ということを考えながらだと発想しやすそう。
大畑さん:第三者のことを考えて、誰が、どんな時に、どんな相手に、どういう風に渡すかによって形が変わるもの。
使う相手がどのように感じるかを考えるのはプロダクトデザインの基本なので、とても良いテーマだと思います。

「ペーパーカード」についてどのようなイメージがありますか
大畑さん:なんとなく「カード」と聞くとグラフィックの世界のもの、という印象だったんですけど前回のコンペでも立体的なものが多かったし形だけで伝わる気持ちがあるかなと思います。

pcc2017_switch_itv01.jpg
福永紙工/かみの工作所が「ペーパーカードコンペ」を主宰する意義について
大畑さん:紙もののプロダクトとしてはど真ん中だけど、通常の「かみの工作所」の企画展では絶対にお題に上がらないものだからとても興味深いですね。
瀧さん:普通のカードではないものがアイデアとして出てきそうで楽しみです。
大畑さん:いままで10年やってきた「かみの工作所」のイメージが応募者の中にもあると思うんですけど、「かみの工作所」らしさみたいなことを意識したデザインだったら面白そう。

かみの工作所製品で製品化までに印象深かったことはありますか
瀧さん:製造のサポートがとてもきめ細かいことがありがたかったです。製造の意見とデザイナー側の意見どちらも受け止めて、双方が納得のいく形で調整してくれることはとても安心感があります。
大畑さん:製造だけでなく、販売の部分についてもアドバイスをもらえるのがとても参考になる。相互に意見を交わして物を作るというのはデザインする側としてはとても安心できます。

初めてコンペに応募する学生さんにアドバイスをお願いします
大畑さん:コンペって出して終わりじゃなくて、もし自分の作品が入賞に及ばなくても最後までそのコンペの結果を見守ることが大事で、自分の作品を振り返ることが大切ですよね。
瀧さん:あまり作品の説明をしすぎないことが大切な気がします。見やすく簡潔なエントリーシートと作品自体の魅力を端的に伝える準備が大切だと思います。

pcc2017_switch_itv02.jpg
エントリー作品についてどんなことを期待しますか
こころが動くようなデザインのカードに出会えたらうれしいです。
楽しんでやることが一番なので、ぜひ楽しんで取り組んでください。

(聴き手:ペーカーカードデザインコンペ2017事務局)

2月22日よりエントリーを開始したペーパーカードデザインコンペ2017。
本コンペの特色や応募者へのアドバイス、ペーパーカードのこれから、審査のポイント、、などなど審査員の皆さんにインタビューしました!
これからエントリーをお考えの皆さま、既にエントリー頂いた皆さま、是非ご参考くださいませ。
第一弾はデザイナーの岡崎智弘さん。審査員へのインタビューは引き続きアップして参ります!

今回のテーマ「おくるをつくる」について

「ペーパーカード」自体が「おくるをつくる」という機能を持ったものですよね。デザインをする人は自然と受け取る側の気持ちを意識したデザインをするのではないでしょうか。
手紙は場所や年代を超えて送るものだし、とても個人的なものになると思います。発案段階で個人的経験からの発想も含む点は面白いですよね。

pcc2017_okazaki_itv01.jpg
「ペーパーカード」についてどのようなイメージがありますか?
紙のプロダクトとしては「ど真ん中」な印象があります。人と人の間にあって送るためにつくられて使われるものです。ペーパーカードをデザインするという事は、人に伝えるための「機能」をつくるという事なのではないでしょうか。受け手のなかにどういう気持ちが起こるか、どのように人に影響を与えるのかを設計する、ということでもあると思います。

福永紙工/かみの工作所が「ペーパーカードコンペ」を主宰する意義について

まずは、量産されることに対する喜び、ということかと思います。工場見学があるというのはとてもいいですね。特に学生さんなんかはなかなか経験できないと思うんですけど、職人さんがいて、機械があってある程度制約があるなかで工夫して生産していくという製造の喜びとうまくかみ合うと面白いと思います。
また、流通に乗っていろんな人に手に渡って使われるものをデザインするわけなので、そこの楽しみも拾い上げることが出来たらなおよいと思います。

pcc2017_okazaki_itv02.jpg
エントリー作品についてどんなことを期待しますか
デザイナーという職業だから考えられる合理性、深さ、良さはもちろんあるけれと、普通に生活している人の方が広く柔らかいデザインをするデザイナーなのかもしれない、と考えることがあります。「つたえる」「おくる」という事がどういうことなのかを自由に考えて発想してほしいですね。
かたちや技巧よりは、それを受け取ることによって生まれる気持ちがどのようなものかを考えると「ペーパーカード」というカテゴリにとらわれない自由な発想もできると思います
受け取ることによって新しい気持ちを設計できるような「手紙」に出会えたら新鮮ですね。

(聴き手:ペーパーカードコンペ2017事務局)

全国津々浦々の魅力を集め、編集・発信し、地方創生へ繋げる
話題の新スポット「旅する新虎マーケット」にて、
かみの工作所フェアがスタートしました。

shintora_03.png
shintora_01.png
shintora_04.png
昨年秋に発表した「かみの重力展」製品や
人気のゲーム製品「トータスメダル」、「空気の器」を展開中。

店内にはブラック&ホワイトの「空気の器」がふわりと漂っています。
ギフトアイテムをお探しの方、日本全国の魅力的な
プロダクトが集まる場所で見つけてみてはいかが?

【開催概要】
会期:2017年3月8日(水)-3月28日(火)
   ※月曜定休日
時間:11:00-19:30
場所:旅する新虎マーケット

ライフスタイル、ファッション情報を発信する「ELLE ONLINE」にて
かみの重力展製品「A3 SHELF」「A4 SHELF」をご紹介頂きました。

A4SHLF_IMG.png

新生活の模様替えにぴったりな本製品。
紙のシェルフでお部屋をスッキリさせてみてはいかが?

【掲載情報】
掲載WEB:ELLE ONLINE
掲載製品:A3 SHELF A4 SHELF
掲載ページ:エル・エディターのOKINI

2017年2月27日(月)発行の「文房具屋さん大賞2017」に、
かみの工作所製品「星空の封筒」を掲載いただきました。(p.71)

A 100.jpg
新生活、新しい場所へ飛び立つ人に、ちいさな星空を贈ってみませんか?

【掲載情報】
掲載誌:文房具屋さん大賞2017
発行日:2月27日(月)
発行元:扶桑社
掲載製品:星空の封筒