バックナンバー

RSS
ペーパーカードデザインコンペ2017

7月22日にペーパーカードデザインコンペ2017にてグランプリを受賞した内藤繁樹さん、
優秀賞を受賞した鈴田克弥さん、川田敏之さんを福永紙工にお招きし、
受賞作の製品化に向けたキックオフミーティングを実施しました。

FullSizeRender 3_s.jpg

IMG_2139_補正2_s.jpg

受賞されたみなさんの簡単なプロフィールをご紹介します。
---------------------------------------------------
グランプリ:内藤繁樹さん
作品:DOT ANIMATION CARD
職業:デザイナー
作品は駅の電光掲示板を見たときに思いついた。
一番気に入っているのは花火のモチーフ。
----------------------------------------------------
優秀賞:鈴田克弥さん
作品:切手紙
職業:学生
応募のきっかけは恵文社一乗寺店でDMをみたこと。
大学院ではプロダクトデザインを専攻。
---------------------------------------------------
優秀賞:川田敏之さん
作品:バタフライレター
職業:デザイナー
デザインミュージアムの運営チームに所属していた経験あり。
プロダクトデザインからグラフィックデザインまで幅広く活動中。
----------------------------------------------------

IMG_2147_s.jpg
(写真左から川田さん、内藤さん、鈴田さん、福永紙工代表山田)

受賞されたみなさま、あらためておめでとうございます。

受賞作品はこれから本体試作、パッケージグラフィックなどの
ブラッシュアップを経て製品化へと進みます。

製造の様子について今後もレポートしますので、どうぞお楽しみに!

ペーパーカードデザインコンペ2017特設サイト

ペーパーカードデザインコンペ2017ではKITTEにて開催される
ふみの日イベント」に際して受賞作品のパネル展示を行います。

fuminohi_170720.png

「ふみの日イベント」は日本郵便株式会社が開催する、手紙を出す楽しさを実感してもらい、
継続的かつ日常的に手紙を出すきっかけを提供するため、東京近郊のご来館者はもとより、
遠方地域からのお客さまが訪れるKITTEにて行うイベントです。

手紙に所縁のあるイベントにペーパーカードデザインコンペ2017も参加させていただくこととなりました。
大きなパネルのモニュメントで、結果発表作品をお披露目致します。

他にもステージでのイベントやワークショップなど、たくさんの企画が開催されます。
ぜひご来場ください。


【開催概要】
会期 : 7月22日(土)-7月23日(日) 
時間 : 10:00〜18:00
場所 : JPタワー・KITTE1階アトリウム 東京中央郵便局

日本から参加できるコンテスト情報のポータルサイト「登竜門」にて
ペーパーカードデザインコンペ2017」の審査会のレポートと、
結果発表の記事が公開されました。

JDN_170718.png
【レポート】ペーパーカードデザインコンペ2017審査会

touryumon_pic.png
結果発表 ペーパーカードデザインコンペ2017

ぜひご覧ください。

【掲載概要】
媒体名 : 登竜門
コーナー名 : ニュース
       結果発表

ペーパーカードデザインコンペ2017よりお知らせです。
コンペの入賞結果を特設サイトにて公開いたしました。

皆様の作品を厳正に審査し、入賞作品を選出いたしました。
前回を大きく上回る応募を頂き、クオリティの高い力作揃いで、
審査員並びにスタッフ一同大変驚かされました。
ご応募頂いた皆様、誠にありがとうございました。

これよりグランプリ・優秀賞の受賞作品は製造スタッフと共に
製品化に向けてブラッシュアップがはじまります。

コンペにご応募並びにご興味頂いた皆様には受賞作品の製品化を見守って頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


※審査基準、審査結果に関するお問い合わせには一切お答えできませんのでご了承ください。

_0029234_s.png

_0029270_s.jpg

今回は先日JAGDA新人賞2017を受賞されたばかりの三澤遥さん。
かみの工作所では1枚の紙を折り重ねると立体的な造形が現れるメッセージカード
Paper Construction」をデザイン頂いています。
グラフィックからプロダクト、空間計画等、分野を限定せずに活動されている三澤さん。
独自の視点で本コンペと紙についてお話しいただきました。

misawa_02_k.jpg

テーマ「おくるをつくる」について
テーマって大事ですよね。テーマによって応募する方の発想の飛距離が変わってくると思うので、
柔軟な発想が生まれそうなテーマだと思います。
一見やわらかい、ゆるい感じがしますけど、自分のコミュニケーションに対する考え方を試されているような、、挑発的なお題だなとも思います。
この「星空の封筒」(前回の優秀作品)、素敵ですね。人に送りたくなる気持ちがすごくわかります。
私も便箋や封筒を集めるのが大好きでたくさん持っていました。
これも10年後に「これ持ってました」っていう人が現れるものになるような気がします。
素直なアイデアを学生さんが一生懸命検証したことが伝わって、学生さんがとったっていう価値を感じます。
発想やアイデアはデザイナーのものじゃなくて、平等なものだと改めて思います。
このコンペの年齢、性別、プロアマ問わずっていう間口が広いのがいいですね。

ペーパーカードについて
以前かみの工作所でつくらせてもらった「Paper Construction」は、書き手側に
「つくる」要素があると面白いと思いデザインしたカードです。
今回のコンペの趣旨とは異なりますが、カードを送る時の好奇心が高まると良いなと思い
デザインしました。
カードのデザインが書く内容に少なからず影響を与えると感じます。
優しいデザインが柔かい文章を生むような。
デザインにはコミュニケーションを誘導する力があると思っていて、
それが書き手の感情にいい作用を生むといいですね。

misawa_01_k.jpg

福永紙工 かみの工作所について
社内のみなさん、製造から販売まで色々立場もあるんでしょうけど、デザイナーの意図を優先させてくれる寛容さに驚かされました。
山田社長が最初に「好きなものをつくってください」って笑顔でおっしゃっていて、普段そんなことができる案件はまずないんですが、その言葉どおり本当に自分の好奇心を優先して、好きなものをつくらせてもらって、貴重な場だと実感しました。
紙を愛していて、紙の新しい価値を見出そうとしている。実際にそれができて継続できている会社って稀有だと思います。

紙について思うこと
自分自身は特に領域を設けず活動させて頂いてますが、立場が異なると紙の見方が全然変わるのがすごく面白いなと思いました。
例えば、1mmって建築領域の人だとすごく小さい単位かもしれないけど、グラフィックデザイナーからすると大きい単位で、紙だとかなり厚いんですよね。
目盛りの感度が全然違うんだなと感じます。紙の捉え方も建築の人にはマテリアルで見えていたり、
グラフィックの人だとキャンバス的に見えていたり、だからこそ同じ素材なのに違う視点でプロダクトが生まれて、そこが興味深いです。
紙って弱いですよね。だから守る意識が働いて、優しく扱おうとする。その意識を生むところが紙の魅力ですね。すごく表情豊かで魅力的な、飽きない素材ですね。

(聴き手:ペーパーカードコンペ2017事務局)

1  2  3  4