かみの工作所へ戻る

人気投票 結果発表!

気持ちを伝えるペーパーカード展では、会期中、12作品の人気投票をおこないました。
様々な視点からお気に入りのカードをお選び頂いた結果、以下のようになりました!


1位 星空の封筒
2位 旅の標本カード
3位 Peel so good


総投票数 889票


コンペの優秀賞が1位、2位という結果となりました。
専門家の審査と似た結果となり、皆さんの鋭い目に驚きました。
実は、製品化していない作品が1位になれば、製品化しよう!という目論みがあったのですが、
残念ながら、あらたな製品化は見送ることになりました。
次回のかみの工作所コンペは未定ですが、開催する際はぜひご注目ください!
ご参加いただいた皆様、ご覧いただいた皆様、お買い上げいただいた皆様、誠にありがとうございました。
引きつづき、かみの工作所の活動を見守って頂ければ幸いです。


※人気投票の結果に関するお問い合わせはお受けできませんので、ご了承お願い 致します。

ペーパーカードデザインコンペ2015 | かみの工作所

今回、はじめての試みとなる「ペーパーカード」デザインコンペ2015は、平面の紙を立体化する可能性を追求する「かみの工作所」が、次代を担うデザイナーや学生といっしょに、これからの暮らしを立ち上げるペーパーカードをつくることを目的に実施しました。紙を印刷・加工することで、大切な人に気持ちが届く、商品化を前提とした紙製品のデザインを募集した結果、約200の応募が集まりました。審査員による厳正な審査の結果、12点の新しいペーパーカードが選出されました。

グランプリ

ハチジュウハチ

clink clink

八谷英俊/八谷友子

ハチヤヒデトシ/ハチヤトモコ

ガラスのように涼やかな質感の、紙のメッセージボトルです。あなたの気持ちが、時間も距離も越えて届く特別なものだと伝えてくれます。封の仕方やカードの折り方など、立体というテーマがディティールに息吹を与えてくれました。
審査委員長コメント
海からたどり着いたビンの中に手紙がはいっていることを想像させます。トレペを効果的に使い、立体的なボトルを平面的に表現し、中の手紙が印象的に見えるように工夫されています。静かで繊細な完成度の高さが評価されました。

優秀賞

  • 旅の標本カード
  • 旅の標本カード
  • 旅の標本カード
進士 遙

旅の標本カード

進士 遙

シンジ ハルカ

旅に出るとその場の空気を持って帰りたくなったり、目の前にある何気ないものが新鮮に見えたりします。「旅の標本カード」は、その発見や驚きを、標本のようにそのまま閉じ込めて相手に送ることのできるカードです。
審査委員長コメント
旅先で出会う様々なモノを閉じ込め標本のようにして届けるカード。イラストを交えて、使うシーンを説明してあり、その斬新な提案性が高く評価されました。新しい習慣として、どう広めていけるかが課題です。

優秀賞

  • 星空の封筒
  • 星空の封筒
  • 星空の封筒
塚田 萌

星空の封筒

塚田 萌

ツカダ モエ

星空の封筒は都会に住む人に癒しを届けるというコンセプトで作りました。 忙しい毎日を過ごしていても、小さな星の光を見て、心に余裕を作る手助けになったら良いなと思っています。
審査委員長コメント
封筒の中を覗くと星空が広がる。その単純なアイデアを、トレペと黒い紙を使い、的確にシンプルに表現しています。文字を使わずに、封筒の中に宇宙を出現させ、気持ちを伝えることに成功した秀作です。

審査員賞

萩原 修 賞
コトバ缶
池田 茉莉

コトバ缶

Papermania & ko.

ペーパーマニアアンドコー

贈る言葉を、ぎゅっと詰めこめるカードです。ぺりぺりと開ける間に、手紙を読むワクワクも倍増します。
審査委員コメント
言葉を封じ込めた缶詰。大切なメッセージをしっかりと閉じ込め、もらった人に味わってもらいたいという気持ちが表現されています。
スイッチデザイン 賞
キモチのしゃぼんだま
加藤 彩香

キモチのしゃぼんだま

加藤 彩香

カトウ アヤカ

しゃぼんだまが気持ちを包み込んで、やさしくふわりと相手に届けてくれるペーパーカードです。
審査委員コメント
しゃぼんだまに気持ちを乗せて、ビョーンと伸びる螺旋の動きが楽しく、いつまでも触っていたくなる楽しいカードでした。
寺田 尚樹 賞
夜に届く手紙
小名木 哲

夜に届く手紙

アオミドリ
(小名木 哲・江原 理紗)

アオミドリ(オナギ サトル・エバラ リサ)

真っ白なカードを受け取った時の不思議さと、夜に浮かび上がるメッセージの驚きをデザインしました。
審査委員コメント
蓄光塗料を同色の紙にプリントし、白い紙で覆うという細かなディテールがよく考えられていると思いました。手紙を送る人がみずからメッセージが書ければいいですね。
鈴野 浩一 賞
a innocence dog
菅井 好恵

an innocent dog

菅井 好恵
(TFBファクトリーズ株式会社)

スガイ ヨシエ

書き込んだり、パーツを回転させたり、様々な表情で気持ちを伝えられるペーパーカードです。
審査委員コメント
紙以外にひとつ素材を足し、留め金として動きを出したこと、すべて白く統一して、紙の重なりやエンボスだけで表現したことが良かったです。
三星 安澄 賞
ふつうはがき
神崎 奈津子

ふつうはがき

神崎 奈津子

カンザキ ナツコ

普通はがきをスペシャルにしました。
普通の日に特別な人に送ってほしい。
ふつうはがきで伝える、とくべつ。
審査委員コメント
官製はがきをただひたすら貼り合わせるという考えがとても好きです。元旦にゴムで束ねられてる年賀状を取り出す時の厚みの嬉しさが、一枚で味わえるのがいいですね。
和田 恭侑 賞
紙を織る
KANTARO

紙を織る

KANTARO

カンタロ

織物を織る『織り機』のイメージをそのままカードにしました。 編み模様やドットを作って気持ちを伝えます。
審査委員コメント
紙を編んでメッセージを作ることは大変ですが、手間をかけて思いを込める気持ちが素敵だと思いました。
粟辻 美早 賞
一輪
人見 久美子

ichirin

人見 久美子

ヒトミ クミコ

伝えたい気持ちを  一輪の花に込める つくる人によって ひとつひとつ違う表情になる紙のお花 「 ichirin 」
審査委員コメント
一輪の白い花に小さな優しさを感じます。 そんなさり気ない表現がとても素敵に見えます。 白い花にひと言添えて、気持ちを伝えたいと思う作品でした。
山野 英之 賞
egg
熊谷 英之

Egg

熊谷 英之
(イラスト:熊谷奈保子)

クマガイ ヒデユキ(クマガイ ナホコ)

卵をパカッと割るとトリが飛び出してメッセージを伝えます。
飛び出したトリは卵にのって、ゆ〜らゆら。
審査委員コメント
パキッと開ける時の感触と、中から飛び出す様子と、 飾るまでのアイデアが、シンプルで一貫していて気持ちいい。
宮田 泰地 賞
Peel so good
薄上 紘太郎

Peel so good

薄上 紘太郎

ウスガミ コウタロウ

果物をむくように少しずつ中身が現れるカードです。紙の裏表を一つのかたまりとして立体的に扱いました。
審査委員コメント
少しずつ皮を剥きながら読み進めるカードは心地よい期待感に溢れ、封筒まで楽しいアイデアでまとまっていました。

総括

「かみの工作所」のこれまで9年間の活動の中で、様々なデザイナーと多くの商品を生み出してきました。福永紙工という工場の技術を軸に、平面の紙を立体化する楽しさを多くの人と共有してきました。
今回、はじめての試みとなった「ペーパーカード」デザインコンペは、そんな「かみの工作所」の取り組みを、これからの次代を担うデザイナーや学生に広げてみたいと考えました。紙を使ったカードが、世の中にたくさんある中で、「かみの工作所」らしい魅力的で意外性があり、気持ちを伝えるにふさわしいカードを提案してもらいたいと広く呼びかけました。
結果的に、約200の応募が集まりました。どれも様々に考え、工夫をこらしたものであり、そのひとつひとつのデザインのエネルギーを受け止めることは、喜びでもあり、責任も感じました。
審査は、これまで福永紙工と関わりの深いデザイナーが担うことにしました。それぞれの考え方や想いをもちよった審査は、予想以上に難航したとともに、様々議論や視点が飛び交う有意義なものになりました。投票を繰り返し、意見を交換する中で、審査員全員が納得するかたちで、グランプリ1点、優秀賞2点が選ばれ、商品化に向けて動き出しました。
そして、9人の審査員がそれぞれに、自分の責任で、審査員賞を選びました。「かみの工作所」は、来年で10年になります。このコンペをきっかけに、平面の紙を立体化する楽しさがさらに広がっていくことを楽しみにしています。
参加者のみなさん、ありがとうございました。コンペを見守ってくれたみなさん、新しいペーパーカードの完成と、これからの「かみの工作所」の活動を期待してもらえるとうれしいです。


審査委員長 萩原 修

商品化までの流れ

商品化までの流れ

取材について

「ペーパーカード」デザインコンペ2015は、エントリーから製品化までの模様を「JDN(ジェイディエヌ)/ジャパンデザインネット」さんに取材頂いてます。


紙の可能性を追求する、「かみの工作所」のものづくりにかける想い

「かみの工作所」による初のコンペ開催、「気持ちを伝える」メッセージカード の製品化を目指して

事務局・問合せ先

福永紙工株式会社 「ペーパーカード」デザインコンペ2015係

担当:山田祥子 髙橋里枝

〒190-0022 東京都立川市錦町6-10-4

TEL: 042-526-9215

info@fukunaga-print.co.jp